2020年03月15日

アスピリンって肝臓がん予防にもなるのかな・・。

血液サラサラの お薬の小用量のアスピリン 大腸がん予防でいま飲んでゐるが これって肝臓がんの予防にもなるとか・・・。

 悪いことはなく 出血傾向も 飲んでる人 飲まなかった人 今回の調査 範囲では差がなかったとか。半分になるようだが・。

The researchers found that the estimated cumulative incidence of hepatocellular carcinoma was 4.0 and 8.3 percent among aspirin users and nonusers, respectively, with a median of 7.9 years of follow-up (adjusted hazard ratio [HR], 0.69; 95 percent confidence interval [CI], 0.62 to 0.76). This association was dependent on duration, with adjusted HRs of 0.90 (95 percent CI, 0.76 to 1.06) for one to less than three years of use, 0.66 (95 percent CI, 0.56 to 0.78) for three to less than five years of use, and 0.57 (95 percent CI, 0.42 to 0.70) for at least five years of use versus short-term use. Ten-year liver-related mortality was 11.0 and 17.9 percent among aspirin users and nonusers (adjusted HR, 0.73; 95 percent CI, 0.67 to 0.81). The 10-year risk for gastrointestinal bleeding did not differ between the groups.

研究者によると、アスピリン使用者と非使用者で肝細胞癌の推定累積発生率がそれぞれ4.0および8.3パーセントであり、(追跡期間中央値は7.9年)調整ハザード比[HR]は0.69であった。
この関連付けは期間に依存しており、調整後のHRは1年から3年未満の使用では0.90、3年から5年未満の使用では0.66および5年以上の使用と短期使用で0.57であった。 また10年間の肝臓関連死亡率は、アスピリン使用者および非使用者で11.0および17.9%であり、 胃腸出血の10年リスクは、グループ間で差はなかった。

小生も4年間飲むことになってゐるが どうなることやら。

https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1912035
ラベル:肝臓がん
posted by dokusan at 04:58| 青森 ☁| アスピリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする