2021年01月18日

コロナ対策

最近は 医学関係の文献ニュースも 殆どがコロナコロナ もうそれだけで一杯だ、かといって これといった効果薬 コロナワクチンもまだ
でない。 東京にいる 息子娘には漢方薬の補中益気湯 などを少しでも免疫機能を高めればと思って 送ったが 飲んでゐてくれているかどうか あと何がいいか パブメドで探してみた ビタミンDが上がってゐた、 小生は骨粗鬆症で日ごろから飲んではいるが 子供たちにも
教えておけば たとえ かかったとしても 後遺症は少なるのではと・・・。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32252338/

「いくつかのメカニズムを通じて、ビタミンDは感染のリスクを減らすことができます。これらのメカニズムには、ウイルス複製率を低下させる可能性のあるカテリシジンとディフェンシンの誘導、肺の内層を傷つけて肺炎を引き起こす炎症を引き起こす炎症誘発性サイトカインの濃度の低下、および抗炎症性サイトカインの濃度の増加が含まれます。」との翻訳機の答えだ

その内容ではあるが 親の自己満足でしかないが 東京にも行けないので 送ってやろうかな・・・。


Health Thru Nutrition ビタミン D3 2000 Iu、365 ソフトジェル、大豆なし、天然 ビタミンD
Health Thru Nutrition ビタミン D3 2000 Iu、365 ソフトジェル、大豆なし、天然 ビタミンD

ラベル:コロナ対策
【関連する記事】
posted by dokusan at 06:45| 青森 ☁| マルチビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月15日

ACE,ARBは慢性腎臓病の患者にとってどうなのか・・

一般的にはACE ARBは慢性腎不全にとって腎臓を保護するとかで 投与はいいものだとの認識だが そうでもないという情報もある。
投与していると透析になるのを高めるとか しかしながら止めてしまえば 心臓にはよくないとか・・・。 でも最終的には死亡率だよね。

やってた方がいいとのこと。


SOURCES: Maria DeVita, MD, chief of nephrology, Lenox Hill Hospital, New York City; Karolinska Institute, news release, Dec. 29, 2020
posted by dokusan at 07:13| 青森 ☁| リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月12日

アクテムラ

コロナの 重症患者に アクテムラがいいということだが 有効率を 見てみたら そんなに さわない感じがしたが まあ 重症化を抑えるということからすれば やるべきことは 行った方がいいだろう
posted by dokusan at 09:14| 青森 ☁| リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月06日

イベルメクチン

ノーベル賞で 話題になった イベルメクチン これが コロナに効果があると いう話があるが 試すだけ試してみてはどうだろう
posted by dokusan at 00:00| 青森 ☁| 伝染病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月25日

血圧の薬とコロナ感染

自分も血圧が高く 降圧剤を飲んでゐるが 一時ACE阻害剤が コロナ感染を増幅させるという話もあったが 否定されたとのこと。


「ACE阻害薬またはARBを服用している患者は、CCBまたはTHZを服用している患者よりもCOVID-19の診断、入院、または合併症のリスクが高くないことを発見しました」7という話だ。

The findings were published online Dec. 17 in The Lancet Digital Health.


でも結局は 東京もコロナワクチン打つまでは 増加しつづけるのかな・・。
posted by dokusan at 07:08| 青森 ☔| リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月23日

ベシケア

頻尿に悩んでいたら、ベシケア処方してもらったが、やはり二三回は起きる

posted by dokusan at 02:59| 青森 ☀| 頻尿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月07日

コロナは血栓症が起こると聞いてはいたが・・。

コロナでは血栓症が起こるから DOACやワーファリン飲んでゐれば重症化しないのではと考えてゐたが そうでもなさそうだ・・。

DOACの使用(n = 103 703)は、COVID-19の入院リスクの低下とは関連していませんでしたという 報告情報がある、DOACとは直接経口抗凝固薬なので ならばワーファリンならいいのか これだけではわからない
https://doi.org/10.1111/joim.13205
posted by dokusan at 07:08| 青森 ☀| リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月29日

最近 抗うつ剤がコロナを重症化させないとの情報があるな

東京に 子供がたちがいるが 心配である いくにも行けないし 来るのもできん ああ、なんでこんな世界になったのであろう・・。

最近 抗うつ剤がコロナを重症化させないとの情報があるな

情報

フルボキサミンというやつだが 市販では買えんよ・・。


posted by dokusan at 07:45| 青森 ☁| コロナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月25日

高血圧症患者がコロナ感性したら

不思議なもんである、コロナの感染発症を降圧剤のARB AIE阻害剤は一時は広めているのではないのかと
感じてゐて それは否定されたが、今回の報告からは 有意差はなかったようだが しかしながら コロナに感染してしまった場合
それが高血圧の患者に限って言えば むしろARB AIE阻害剤を使用した方が 死亡率が低下したとか・・・
不思議なもんである。

Effect of Renin-Angiotensin-Aldosterone System Inhibitors in Patients with COVID-19: a Systematic Review and Meta-analysis of 28,872 Patients

COVID-19の高血圧患者にレニン-アンジオテンシン-アルドステロンシステム(RAAS)阻害剤が有益
posted by dokusan at 09:45| 青森 🌁| リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月19日

ビスホスホネート製剤と肺炎

老人介護施設に勤務はしているが、骨粗鬆症になって いわゆるビタミンD活性型を服用している人はおおいが、ビスホスホネート製剤は意外と少ない。

 もっと飲んだらいいのにと思うこともあるがどうなんであろう。今回の報告では それらを飲んでゐると肺炎になる人が少なくなるとか 以外にも・・・。
介護施設では心不全で亡くなるケースが多いが 肺炎も結構多いのでは さすればビスホスホネート製剤ももっと投与するようにしたらどうなんであろうか。 でもどうしてなんであろうか 肺炎が少なる理由は・・・。


Nitrogen‐Containing Bisphosphonates Are Associated With Reduced Risk of Pneumonia in Patients With Hip Fracture

大腿骨骨折で窒素含有ビスホスホネート(N-BP)投与を受けた患者は、肺炎リスクおよび肺炎による死亡率が低減するという報告である。
N-BP治療群は非治療群に比べ肺炎リスクが有意に低く〔100人年あたり6.9%対9.0%、ハザード比(HR)0.76〕、リスクの絶対差は0.02、治療必要数(NNT)は46だった。肺炎による死亡率でも同様な関連が認められ(HR 0.65)、この関連は、N-BP群を非N-BP骨粗鬆症薬群と比べたときにも有意なままであった。とのことである。
肺炎予防薬に窒素含有ビスホスホネート(N-BP)投与ということになるんであろう・。
posted by dokusan at 06:36| 青森 ☁| リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする