2019年03月26日

スタチンと糖尿病

スタチンを飲んでゐると 血糖値が上がり 糖尿病になることもあるとか、常日頃から 逆だと思っていたが
そうでも無いようだ。 でも どうなんであろう。 心臓のことなど 考えてゐたら、むしろ 適当に飲んでゐた方が
いいような気もするが・・・。


Methods

Using the prospective population‐based Rotterdam Study, we included 9535 individuals free from diabetes at baseline (>45 years) during the study period between 1997 and 2012. Linear regression analysis was applied to examine the cross‐sectional associations between statin use and glycaemic traits including fasting blood serum of glucose and insulin concentrations, and insulin resistance. In a longitudinal follow‐up study, we applied a Cox regression analysis to determine adjusted hazard ratios (HR) for incident type 2 diabetes in new users of statins.


Results

The mean age at baseline was 64.3 ± 10.1 years and 41.7% were men. In the fully adjusted model, compared to never users of statins, baseline use of statins was associated with higher concentrations of serum fasting insulin (β = 0.07; 95% CI: 0.02–0.13) and insulin resistance (β = 0.09; 95% CI: 0.03–0.14). Ever use of statins was associated with a 38% higher risk of incident type 2 diabetes (HR = 1.38; 95% CI: 1.09–1.74). This risk was more prominent in subjects with impaired glucose homeostasis and in overweight/obese individuals.


Conclusions

Individuals using statins may be at higher risk for hyperglycaemia, insulin resistance and eventually type 2 diabetes. Rigorous preventive strategies such as glucose control and weight reduction in patients when initiating statin therapy might help minimize the risk of diabetes.

機械訳
方法

前向き集団ベースのロッテルダム研究を使用して、1997年から2012年までの研究期間中、ベースライン時(> 45年)に糖尿病のない9535人を対象とした。線形回帰分析を適用してスタチン使用と血糖形質との横断的関連を調べた空腹時血糖値およびインスリン濃度、ならびにインスリン抵抗性を含む。長期追跡調査では、スタチンの新規使用者における2型糖尿病の調整後ハザード比(HR)を決定するためにCox回帰分析を適用しました。


結果

ベースライン時の平均年齢は64.3±10.1歳であり、41.7%が男性でした。完全に調整されたモデルでは、スタチンを使用したことのない人と比較して、スタチンのベースライン使用は高濃度の空腹時インスリン(β= 0.07、95%CI:0.02〜0.13)およびインスリン抵抗性(β= 0.09、95%CI)と関連してい:0.03-0.14)スタチンを使用したことのある人は、2型糖尿病のリスクが38%高いことと関連していました(HR = 1.38、95%CI:1.09-1.74)。このリスクは、グルコース恒常性が損なわれている対象および太りすぎ/肥満の個人においてより顕著であった。


結論

スタチンを使用している人は、高血糖症、インスリン抵抗性、そして最終的には2型糖尿病のリスクが高いかもしれません。スタチン治療を開始する際の患者のグルコースコントロールや体重減少などの厳格な予防戦略は、糖尿病のリスクを最小限に抑えるのに役立つかもしれません。

特に太ってゐる人は  糖尿病予備軍はあえてスタチンを飲まない方がいいのでは、運動か 食事でということか。


ちなみに

アトルバスタチンでは
高血糖、糖尿病
高血糖、糖尿病があらわれることがあるので、口渇、頻尿、全身倦怠感等の症状の発現に注意するとともに、定期的に検査を行うなど十分な観察を行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど、適切な処置を行うこと

があったが プラバスタチンデでは高血糖という言葉は添付文書では無かったようだ・・。
posted by dokusan at 04:06| 青森 ☁| リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月02日

アスピリン服用と慢性閉塞性肺疾患(COPD)

アスピリンを服用している人では慢性閉塞性肺疾患(COPD)で重症化する傾向は少ないようだ・・。



Background
Aspirin use in COPD has been associated with reduced all-cause mortality in meta-regression analysis with few equivocal studies. However, the effect of aspirin on COPD morbidity is unknown.

Methods
Self-reported daily aspirin use was obtained at baseline from SPIROMICS participants with COPD (FEV1/FVC < 70%). Acute exacerbations of COPD (AECOPD) were prospectively ascertained through quarterly structured telephone questionnaires up to 3 years and categorized as moderate (symptoms treated with antibiotics or oral corticosteroids) or severe (requiring ED visit or hospitalization). Aspirin users were matched one-to-one with nonusers, based on propensity score. The association of aspirin use with total, moderate, and severe AECOPD was investigated using zero-inflated negative binomial models. Linear or logistic regression was used to investigate the association with baseline respiratory symptoms, quality of life, and exercise tolerance.

Results
Among 1,698 participants, 45% reported daily aspirin use at baseline. Propensity score matching resulted in 503 participant pairs. Aspirin users had a lower incidence rate of total AECOPD (adjusted incidence rate ratio [IRR], 0.78; 95% CI, 0.65-0.94), with similar effect for moderate but not severe AECOPD (IRR, 0.86; 95% CI, 0.63-1.18). Aspirin use was associated with lower total St. George’s Respiratory Questionnaire score (β, –2.2; 95% CI, –4.1 to –0.4), reduced odds of moderate-severe dyspnea (modified Medical Research Council questionnaire score ≥ 2; adjusted odds ratio, 0.69; 95% CI, 0.51-0.93), and COPD Assessment Test score (β, –1.1; 95% CI, –1.9 to –0.2) but not 6-min walk distance (β, 0.7 m; 95% CI, –14.3 to 15.6).

Conclusions
Daily aspirin use is associated with reduced rate of COPD exacerbations, less dyspnea, and better quality of life. Randomized clinical trials of aspirin use in COPD are warranted to account for unmeasured and residual confounding.

毎日のアスピリン使用は、COPD増悪率の低下、呼吸困難の減少、および生活の質の向上と関連しています。

まあ、しかし もともと慢性閉塞性肺疾患(COPD)と気管支喘息とは区別されているが、喘息もちはアスピリン喘息というのもあるので 医者から良き聞いたうえでの服用になろうか・・・。
でも いまのところ 健康な体であるならば、一週間に微量のアスピリン 2回程度飲んでおいても 悪いところへの影響は少なく、抗血栓予防、大腸がん予防など いいことがむしろ多いような気もする。
posted by dokusan at 05:35| 青森 ☁| アスピリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月01日

お薬の副作用としての認知症

小生も血圧のお薬 頻尿のお薬などを飲んではいるが、長期的になにか 副作用的なものが起きてはいるんであろうが、自覚はない。

 さて、今回は血圧のお薬 コレステロールを下げるお薬は 継続していると 認知症などの精神に対して影響を及ぼすかの試験結果である。



Meds for Blood Pressure, Cholesterol Help the Heart -- But Maybe Not the Mind

While effective at cutting heart risks, blood pressure and cholesterol drugs may not help preserve seniors' brain health, new research finds.

That conclusion came from the tracking of more than 1,600 men and women in 21 countries.

Over an average span of nearly six years, all of the seniors took different combinations of drugs to lower blood pressure and/or statins to control high cholesterol. All took memory and thinking tests at the start and end of the study, the Canadian researchers said.

The result: None of the drugs appeared to have any impact on long-term mental declines.


心臓の危険、血圧およびコレステロール薬の削減には効果的だが、高齢者の脳の健康維持には役立たない可能性があるのでは。

21カ国で1,600人以上の男性と女性の追跡研究をしました。

ほぼ6年の平均期間にわたって、すべての高齢者は血圧を下げるために薬の異なる組み合わせおよび/または高コレステロールを制御するためにスタチンを服用しました。カナダの研究者らは、研究の開始時と終了時に全員が記憶および思考テストを受けたと述べた。

結果:どの薬物も長期にわたる精神的な低下に影響を与えるようには見えなかった。

結果的にはあまり 気にしてもしょうがないようだ。


 実際血圧のお薬などはのなまいとかえって様々な疾患を引き起こし 延命ができないのが実状である。


ただPPIは漫然と飲んでゐると影響があるとの情報は耳にしたことはある。


posted by dokusan at 04:01| 青森 ☀| リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

透析患者への抗うつ剤

透析患者は自分の体をなげいてか 精神的にもまいるということがあって、うつ傾向はあるようだが、今回の報告では 抗うつ剤を使用したからといって、特にうつ症状は改善したかといえば そうでもなさそうで むしろ副作用が多かったとか・・。


Abstract

Background:
Although depression is common among patients receiving maintenance hemodialysis, data on their acceptance of treatment and on the comparative efficacy of various therapies are limited.

Objective:
To determine the effect of an engagement interview on treatment acceptance (phase 1) and to compare the efficacy of cognitive behavioral therapy (CBT) versus sertraline (phase 2) for treating depression in patients receiving hemodialysis.

Design:
Multicenter, parallel-group, open-label, randomized controlled trial. (ClinicalTrials.gov: NCT02358343)

Setting:
41 dialysis facilities in 3 U.S. metropolitan areas.

Participants:
Patients who had been receiving hemodialysis for at least 3 months and had a Beck Depression Inventory-II score of 15 or greater; 184 patients participated in phase 1, and 120 subsequently participated in phase 2.

Interventions:
Engagement interview versus control visit (phase 1) and 12 weeks of CBT delivered in the dialysis facility versus sertraline treatment (phase 2).

Measurements:
The primary outcome for phase 1 was the proportion of participants who started depression treatment within 28 days. For phase 2, the primary outcome was depressive symptoms measured by the Quick Inventory of Depressive Symptoms–Clinician-Rated (QIDS-C) at 12 weeks.

Results:
The proportion of participants who initiated treatment after the engagement or control visit did not differ (66% vs. 64%, respectively; P = 0.77; estimated risk difference, 2.1 [95% CI, −12.1 to 16.4]). Compared with CBT, sertraline treatment resulted in lower QIDS-C depression scores at 12 weeks (effect estimate

概要
バックグラウンド:
うつ病は維持血液透析を受けている患者の間では一般的ですが、彼らの治療の容認およびさまざまな治療法の比較有効性に関するデータはすくない。

目的:
血液透析を受けている患者のうつ病を治療するための、治療受入に対するエンゲージメントインタビューの効果(フェーズ1)を決定し、認知行動療法(CBT)対セルトラリン(フェーズ2)の有効性を比較

設計:
多施設、並行群、非盲検の無作為化比較試験。

設定:
米国の3大都市圏に41の透析施設

参加者:
3ヶ月以上血液透析を受けており、ベックうつ病目録IIスコアが15以上であった患者。 184人の患者がフェーズ1に参加し、その後120人がフェーズ2に参加

介入:
婚約面接対対照訪問(フェーズ1)および透析施設に配達された12週間のCBT対セルトラリン治療(フェーズ2)。

測定値:
第1相の主な結果は、28日以内にうつ病治療を開始した参加者の割合です。第2相では、主な結果は12週間後にうつ症状のクイックインベントリ - 臨床医評価(QIDS-C)で測定。

結果:
エンゲージメントまたはコントロール来院後に治療を開始した参加者の割合に差はありませんでした(それぞれ66%対64%、P = 0.77、推定リスク差、2.1 [95%CI、-12.1〜16.4])。 CBTと比較して、セルトラリン治療は12週でより低いQIDS-Cうつ病スコアをもたらしただけだった(効果推定)


https://info.ninchisho.net/diabetes/archives/10067
posted by dokusan at 04:09| 青森 ☁| リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

かなりの高齢者 90歳以上になればトリグリセライドはむしろ高めの方がいい。

人間の体には、まだまだわからないこともあり、矛盾することもあるようだ。トリグリセライド は低い方がいいことは一般人には常識だが、かなりの高齢 90歳以上の人にとっては むしろ認知症の低下とか死亡率の減少になるという。矛盾した報告 結果になってゐる。
そういえば、以前 いや今でも ある学者は コレステロールが高いほうが死亡率が低いのでスタチンはむしろ飲まない方がいいという研究者も
いることはいるが、世界の研究者の認識まで得られるのには至っていない。ただ、スタチンが高くても そんなに厳重に血圧みたいに下げずとも適当にスタチンを飲んでゐれば それでいいといっているようだ。

Triglycerides Paradox Among the Oldest Old: “The Lower the Better?”

OBJECTIVES

Currently, most treatment guidelines suggest lowering hypertriglyceridemia of any severity, even in elderly individuals. However associations of serum triglycerides (TGs) with adverse health and mortality risk decrease with age, it remains unclear among the oldest old (aged 80 years and older). The study was to investigate the relationship of serum TG concentrations with cognitive function, activities of daily living (ADLs), frailty, and mortality among the oldest old in a prospective cohort study.


RESULTS

Each 1‐mmol/L increase in TGs was associated with a nearly 20% lower risk of cognitive decline, ADL decline, and frailty aggravation during the 5 years of follow‐up. Consistently, higher TGs (each 1 mmol/L) was associated with lower 5‐year all‐cause mortality after fully adjustment (hazard ratio [HR] = 0.79; 95% confidence interval [CI] = 0.69‐0.89). Nonelevated TG concentrations (less than 2.26 mmol/L) were associated with higher mortality risk (HR = 1.72; 95% CI = 1.22‐2.44), relative to TGs of 2.26 mmol/L or more. We observed similar results regarding TG concentrations and mortality in 1‐year lag analysis and when excluding participants with identified chronic disease.


CONCLUSION

In the oldest old, a higher concentration of TGs was associated with a lower risk of cognitive decline, ADL decline, frailty aggravation, and mortality. This paradox suggests the clinical importance of revisiting the concept of “the lower the better” for the oldest old. J Am Geriatr Soc 00:1–8, 2019

かなりの高齢者のトリグリセリドパラドックス:「より低いのが良い?」

目的

現在、ほとんどの治療ガイドラインは、高齢者であっても、あらゆる重症度の高トリグリセリド血症を低下させることを示唆しています。しかしながら、健康障害や死亡リスクと血清トリグリセリド(TG)の関連は年齢とともに減少し、それは高齢者の(80歳以上)の間では不明のままである。この研究は、プロスペクティブコホート研究において、血清TG濃度と認知機能、日常生活活動(ADL)、虚弱性、および死亡率との関係を調査するためのものでした。


結果

TGが1mmol / L増加するごとに、5年間の追跡調査期間中に認知機能低下、ADL低下、および虚弱性悪化のリスクが約20%低下しました。一貫して、より高いTG(各1 mmol / L)は、完全調整後の5年間全死因死亡率の低下と関連していた(ハザード比[HR] = 0.79; 95%信頼区間[CI] = 0.69-0.89)。 2.26mmol / L以上のTGと比較して、上昇していないTG濃度(2.26mmol / L未満)は、より高い死亡リスク(HR = 1.72; 95%CI = 1.22-2.44)と関連していた。 TGの濃度と死亡率に関しても、1年間のラグ分析および慢性疾患が確認された参加者を除外した場合と同様の結果が観察された。


結論

かなりの高齢者では、より高濃度のTGが、認知機能低下、ADL低下、虚弱性悪化、および死亡のリスクの低下と関連していました。このパラドックスは、かなりの高齢者にとって「低いほど良い」という概念を再検討することの臨床的重要性を示唆しています。 J Am Geriatr Soc 00:2018 - 2019


まあ、だからといって わざとマグドナルドのマックを食って故意にコレステロールを上げることもないであろう。要はそれくらいの歳になっても若いころのように気にしてせっせせっせと下げるために 治療することもないであろうということになるのであろう。
posted by dokusan at 05:33| 青森 ☁| リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

タイケルブとオリーブオイル

タイケルブとオリーブオイルの相互作用なのか 論文ではHER-2陽性の乳がんの治療にとっていいようなことを書いているが、実際どうなんであろう。

このオリーブオイルの成分はグレープフルーツの成分でタイケルブの成分(ラパチニブ)の血中濃度を動かすのであろうか。

(−)-Oleocanthal Combined with Lapatinib Treatment Synergized against HER-2 Positive Breast Cancer In Vitro and In Vivo

Abstract
Dysregulation of epidermal growth factor receptor (EGFR)/human epidermal growth factor-2 (HER2) family is a hallmark of aggressive breast cancer. Small-molecule tyrosine kinase inhibitors are among the most effective cancer targeted treatments. (−)-Oleocanthal (OC) is a naturally occurring phenolic secoiridoid lead from extra-virgin olive oil with documented anti-cancer activities via targeting mesenchymal epithelial transition factor (c-Met). Dysregulation of c-Met promotes aggressiveness to breast cancer-targeted therapies. Lapatinib (LP) is an FDA-approved dual EGFR/HER2 inhibitor for HER2-amplified breast cancer. HER2-Positive tumor cells can escape targeted therapies like LP effects by overexpressing c-Met. Combined OC-LP treatment is hypothesized to be mechanistically synergistic against HER2-overexpressing breast cancer. Combined sub-effective treatments of OC-LP resulted in synergistic anti-proliferative effects against the HER2-positive BT-474 and SK-BR-3 breast cancer cell lines, compared to OC or LP monotherapy. Antibody array and Western blot analysis showed that combined OC-LP treatment significantly inhibited EGFR, HER2, and c-Met receptor activation, as well as multiple downstream signaling proteins, compared to individual OC or LP treatment. OC-LP Combination significantly inhibited invasion and migration of breast cancer cells through reduced activation of focal adhesion kinase (FAK) and paxillin. Combined treatment of OC-10 mg/kg with LP-12.5 mg/kg suppressed more than 90% of BT-474 tumor cells growth in a nude mouse xenograft model, compared to individual OC or LP treatment. Activated c-Met, EGFR, HER2, and protein kinase B (AKT) were significantly suppressed in combination-treated mice tumors, compared to OC or LP monotherapy. This study reveals the OC future potential as combination therapy to sensitize HER2-overexpressing breast cancers and significantly reduce required doses of targeted HER family therapeutics

ラパチニブの添付文書ではグレープフルーツはラパチニブ代謝阻害で同時投与はいけないとかいているが、これは(オリーブオイルの成分は)代謝の阻害ではないようだ・・。

研究は、HER2過剰発現乳癌を感作し、必要とされるHERファミリー治療薬の必要量を有意に減らすための併用療法としてのOCの将来の可能性
よあるが、要はタイケルブとオリーブオイルの成分の併用はタイケルブの効きをよくするということなのであろう・・。でも結果的には通常用量やると人によっては副作用も出てしまうとも考えられるが・・。
posted by dokusan at 06:10| 青森 ☁| リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

生姜とグリゾチニブ

肺がんのお薬グリゾチニブとショウガの服用はグリゾチニブの代謝阻害により血中濃度を上昇させ、肝臓障害を起こす可能性もあるとか。


Pharmacokinetic herb-drug interaction between ginger and crizotinib.

https://bpspubs.onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/bcp.13862

Crizotinib is mainly metabolized by CYP3A4, and its concomitant use with strong CYP3A4 inhibitors or inducers should be avoided. Coadministration of a single oral dose of crizotinib with ketoconazole, a strong CYP3A inhibitor, resulted in increases in crizotinib systemic exposure.8 In vitro studies also suggested that crizotinib is a substrate for P‐glycoprotein (P‐gp). Ginger significantly inhibits CYP3A4, CYP2C9, and P‐gp activities in vitro.9, 10 A previous study has shown that ginger increases blood concentrations of tacrolimus via CYP3A4 inhibition in rats.11 In humans, one study reported ginseng (Panax ginseng)‐mediated hepatotoxicity due to inhibition of CYP3A4 in a chronic leukaemia patient on imatinib, another tyrosine kinase inhibitor.12

Here, the tolerance of crizotinib was good before the introduction of ginger, and hepatic cytolysis disappeared after discontinuation of both crizotinib and ginger. The diagnostic evaluation did not reveal any cause of hepatotoxicity other than that due to raised crizotinib exposure. Indeed, concentration of crizotinib determined 2 days after crizotinib discontinuation was 1.8‐fold higher than previous level measured in November 2017 (Figure 1) and also higher than trough concentrations previously described at a dose of 250 mg twice a day (median trough concentration from 242 to 319 ng/mL).13 Thus, it is very likely that the reduced activity of CYP3A4 and possibly P‐gp in the presence of ginger led to the accumulation of crizotinib, which induced hepatotoxicity.

Our report highlights safety concerns arising from the use of CAM. Both clinicians and patients should be aware of the potential interactions between herbs and prescribed drugs.

クリゾチニブは主にCYP3A4によって代謝されるので、強力なCYP3A4阻害剤またはインデューサーとの併用は避けるべきである。クリゾチニブの単回経口投与と強力なCYP3A阻害剤であるケトコナゾールを併用すると、クリゾチニブの全身暴露が増加することがしられており、また、クリゾチニブはP糖タンパク質(P-gp)の基質であることが示唆されている。生姜は、in vitroでCYP3A4、CYP2C9、およびP-gpの活性を有意に阻害します。以前の研究では、生姜がラットのCYP3A4阻害を介してタクロリムスの血中濃度を上昇させることが示されています。別のチロシンキナーゼ阻害剤であるイマチニブを投与されている慢性白血病患者におけるCYP3A4の阻害による肝毒性があるとされています。

ここでは、クリゾチニブの耐性はショウガの導入前は良好であり、肝細胞溶解はクリゾチニブとショウガの両方の中止後に消失した。診断評価では、クリゾチニブ曝露の増加によるもの以外の肝毒性の原因は明らかにされていない。実際、クリゾチニブ中止の2日後に決定されたクリゾチニブ濃度は、2017年11月に測定された以前のレベルの1.8倍であり、1日2回250mgの用量で以前に記載されたトラフ濃度よりも高かった。したがって、ショウガの存在下でのCYP3A4およびおそらくP-gpの活性低下は、クリゾチニブの蓄積をもたらし、それが肝毒性を誘発したと考えられます。

私たちのレポートは、CAMの使用から生じる安全上の懸念を強調しています。臨床医も患者も、ハーブと処方薬との間の潜在的な相互作用を知っておくべきです。

まあ、体を温めてくれる生姜だが、グリゾチニブと併用すると かえって肝臓悪くするようだ。
posted by dokusan at 06:09| 青森 ☁| 相互作用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

アンデキサネットというんか第Xa因子阻害剤を中和するお薬は

前から話には聴いていたが、アンデキサネットというんか第Xa因子阻害剤を中和するお薬は 

ワーファリンはビタミンKが中和剤になろうが、第Xa因子阻害剤を中和するお薬はないといわれてきたが、できてきたとか・・。
ただ、ダビガドランには無効との話だが・・。

Full Study Report of Andexanet Alfa for Bleeding Associated with Factor Xa Inhibitors


RESULTS
Patients had a mean age of 77 years, and most had substantial cardiovascular disease. Bleeding was predominantly intracranial (in 227 patients [64%]) or gastrointestinal (in 90 patients [26%]). In patients who had received apixaban, the median anti–factor Xa activity decreased from 149.7 ng per milliliter at baseline to 11.1 ng per milliliter after the andexanet bolus (92% reduction; 95% confidence interval [CI], 91 to 93); in patients who had received rivaroxaban, the median value decreased from 211.8 ng per milliliter to 14.2 ng per milliliter (92% reduction; 95% CI, 88 to 94). Excellent or good hemostasis occurred in 204 of 249 patients (82%) who could be evaluated. Within 30 days, death occurred in 49 patients (14%) and a thrombotic event in 34 (10%). Reduction in anti–factor Xa activity was not predictive of hemostatic efficacy overall but was modestly predictive in patients with intracranial hemorrhage.

CONCLUSIONS
In patients with acute major bleeding associated with the use of a factor Xa inhibitor, treatment with andexanet markedly reduced anti–factor Xa activity, and 82% of patients had excellent or good hemostatic efficacy at 12 hours, as adjudicated according to prespecified criteria. (Funded by Portola Pharmaceuticals; ANNEXA-4 ClinicalTrials.gov number, NCT02329327.)

結果
患者の平均年齢は77歳で、大部分が実質的な心血管疾患を患っていました。出血は主に頭蓋内(227人の患者[64%])または消化管(90人の患者[26%])であった。アピキサバンを投与された患者では、抗第Xa因子活性の中央値はベースライン時の1ミリリットル当たり149.7 ngからアンデキサネットボーラス投与後の11.1 ng /ミリリットルに減少しました(92%減少; 95%信頼区間[91]、91〜93)。リバロキサバンを投与された患者では、中央値は1ミリリットルあたり211.8 ngから1ミリリットルあたり14.2 ngに減少しました(92%減少、95%CI、88から94)。評価できる患者249人中204人(82%)に、優れたまたは良好な止血が見られました。 30日以内に、49人の患者(14%)および34人(10%)の血栓症で死亡した。抗Xa因子活性の低下は、止血効果全体を予測するものではありませんでしたが、頭蓋内出血患者ではやや予測的なものでした。

結論
第Xa因子阻害薬の使用に関連した急性大出血の患者では、andexanetによる治療は抗第Xa因子活性を著しく低下させ、患者の82%が12時間で優れたまたは良好な止血効果を示しました。 (Portola Pharmaceuticalsが資金提供、ANNEXA-4 ClinicalTrials.gov番号、NCT02329327。)

おお、9割かた 効果があるが 1割は死ぬのか血栓症で まだまだ油断のできぬお薬と小生は考えてゐるが 読者はどうか・・。
posted by dokusan at 05:14| 青森 ☁| リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月05日

COPDとアスピリン

小生も大腸がん予防にと現在 アスピリンを服用中であるが、COPDの死亡率をも低下させるとか・・・。

Background
Aspirin use in COPD has been associated with reduced all-cause mortality in meta-regression analysis with few equivocal studies. However, the effect of aspirin on COPD morbidity is unknown.

Methods
Self-reported daily aspirin use was obtained at baseline from SPIROMICS participants with COPD (FEV1/FVC < 70%). Acute exacerbations of COPD (AECOPD) were prospectively ascertained through quarterly structured telephone questionnaires up to 3 years and categorized as moderate (symptoms treated with antibiotics or oral corticosteroids) or severe (requiring ED visit or hospitalization). Aspirin users were matched one-to-one with nonusers, based on propensity score. The association of aspirin use with total, moderate, and severe AECOPD was investigated using zero-inflated negative binomial models. Linear or logistic regression was used to investigate the association with baseline respiratory symptoms, quality of life, and exercise tolerance.

Results
Among 1,698 participants, 45% reported daily aspirin use at baseline. Propensity score matching resulted in 503 participant pairs. Aspirin users had a lower incidence rate of total AECOPD (adjusted incidence rate ratio [IRR], 0.78; 95% CI, 0.65-0.94), with similar effect for moderate but not severe AECOPD (IRR, 0.86; 95% CI, 0.63-1.18). Aspirin use was associated with lower total St. George’s Respiratory Questionnaire score (β, –2.2; 95% CI, –4.1 to –0.4), reduced odds of moderate-severe dyspnea (modified Medical Research Council questionnaire score ≥ 2; adjusted odds ratio, 0.69; 95% CI, 0.51-0.93), and COPD Assessment Test score (β, –1.1; 95% CI, –1.9 to –0.2) but not 6-min walk distance (β, 0.7 m; 95% CI, –14.3 to 15.6).

Conclusions
Daily aspirin use is associated with reduced rate of COPD exacerbations, less dyspnea, and better quality of life. Randomized clinical trials of aspirin use in COPD are warranted to account for unmeasured and residual confounding.

バックグラウンド
COPDにおけるアスピリンの使用は、研究事例は少ないがメタ回帰分析において、全死因死亡率の低下と関連しているとされる。しかし、COPDの罹患率に対するアスピリンの効果は不明である。

方法
自己申告による毎日のアスピリン使用は、COPDを有するSPIROMICS参加者からベースラインで得られた(FEV1 / FVC <70%)。 COPDの急性増悪(AECOPD)は3年までの四半期ごとの構造化された電話による質問票を通して前向きに確認され、中等度(抗生物質または経口コルチコステロイドで治療される症状)または重度(ED訪問または入院が必要)に分類された。アスピリンのユーザーは、傾向スコアに基づいて、非ユーザーと1対1でマッチングされました。アスピリン使用と総、中程度、および重度のAECOPDとの関連性は、ゼロ膨張負二項式モデルを使用して調べた。ベースラインの呼吸器症状、生活の質、および運動耐性との関連を調べるために、線形回帰またはロジスティック回帰を使用した。

結果
1,698人の参加者のうち、45%が毎日ベースライン時のアスピリン使用を報告していた。傾向スコアのマッチングにより、503の参加者ペアが得られました。アスピリン使用者は、総AECOPDの発生率が低く(調整後発生率比[IRR]、0.78; 95%CI、0.65-0.94)、中等度ではあるが重度ではないAECOPDに対して同様の効果を示した(IRR、0.86; 95%CI、0.63-)。 1.18)。アスピリンの使用は、セントジョージの呼吸器質問票の総得点の低下(β、-2.2、95%CI、-4.1から-0.4)、中等度から重度の呼吸困難の可能性の低下(修正医学研究評議会質問票スコア≧2、調整オッズ比)と関連した。 、0.69; 95%CI、0.51−0.93​​)、およびCOPD評価試験スコア(β、−1.1; 95%CI、−1.9〜 − 0.2)、しかし6分の歩行距離ではない(β、0.7m; 95%C. -14.3〜15.6)

結論
毎日のアスピリン使用は、COPD増悪率の低下、呼吸困難の減少、および生活の質の向上と関連しています。しかしながら重症急性増悪では効果が見られなかった(同0.86、0.63-1.18)ようだ。

まあ、しかし もともと喘息もちの人などはアスピリン喘息などもあるから注意であろうか・・・。
posted by dokusan at 05:26| 青森 ☁| リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月04日

ケルセチンとアムロジピン

グレープフルーツジュースと高血圧治療剤のカルシウム拮抗剤は相互作用があるということは広く知られてはいるが、同じフラボノイドのなかでもケルセチンもまた相互作用があるとのこと。


Study of Interactions between Amlodipine and Quercetin on Human Serum Albumin: Spectroscopic and Modeling Approaches

 論文要旨内容を読んでゐると アムロジピンが血中アルブミンと結合していたのをケルセチンが今度はアムロジピンを追いだし血中の遊離型のアムロジピンの濃度を変化させるようなことを書いている。しかし、だからといって臨床的にこれがどれだけ重要であるかというところまではいってはいない。

Our results demonstrate for the first time, to the best of our knowledge, the binding interactions between quercetin and amlodipine on human serum albumin. From the results shown above it can be concluded that both drugs bind to the same primary binding site localized inside the Sudlow’s Site 1 on HSA and there exist a competitive interaction between them. Quercetin is binding with the higher affinity and is able to displace amlodipine from its binding site. Amlodipine binds with the lower affinity and if the binding site is already occupied by quercetin, it binds with the same affinity to the secondary binding site inside the same hydrophobic pocket of Sudlow’s Site 1. The displacement of amlodipine by quercetin may elevate the concentration of the unbound amlodipine in the serum which might cause fluctuations in patient’s blood pressure or elevated risk of adverse side effects. However, more studies, particularly in vivo monitoring of the free plasma levels of drugs, should be performed to evaluate the magnitude and severity of this interaction.
These results help further the knowledge of binding interactions and are helpful for understanding the interactions between plant compounds and drugs. In concurrence with other studies mentioned in this work, the plant compound–drug interactions are known to cause adverse side effects and therefore should be treated with similar caution as any other drug–drug interaction.

我々の結果では、ヒト血清アルブミンに対するケルセチンとアムロジピンの間の結合相互作用を初めて証明している。どちらの薬剤もHSAのSudlowのSite 1内(アルブミン)にある同じ一次結合部位に結合し、それらの間には競合的相互作用があると結論付けることができ、ケルセチンはより高い親和性で結合しており、アムロジピンをその結合部位から置換することができる。アムロジピンはより低い親和性で結合し、結合部位がすでにケルセチンによって占められている場合、それはサドローの部位1の同じ疎水性ポケットの内側の二次結合部位に同じ親和性で結合する。血清中の未結合アムロジピンは、患者の血圧の変動や有害な副作用の危険性を高める可能性があります。
 しかし、この相互作用の規模と重症度を評価するには、より多くの研究、特に薬物の遊離血漿中濃度のin vivoモニタリングを実施する必要があります。
これらの結果は、結合相互作用の知識をさらに深め、植物化合物と薬物の間の相互作用を理解するのに役立ちます。この研究で言及されている他の研究と一致して、植物化合物 - 薬物相互作用は有害な副作用を引き起こすことが知られているので、他の薬物 - 薬物相互作用と同様の注意で扱われるべきです。

とあるが、今まで こんなに広く使われているジヒドロピリジンCa拮抗剤 いまさら ケルセチンで どうのこうのというまで騒ぐこともないであろう。 グレープフルーツジュースの中にもケルセチンはあるであろうし、以下の植物などにも広く含有されている。


ケルセチン:リンゴ・茶・タマネギなどに含まれる黄色色素で、フラボノイドの一種。染料・酸化防止剤のほか、動脈硬化や高血圧などの予防に効果があるとされ、健康食品に用いられる

むしろ 降圧効果があがるかな・・ まあでも お薬は水で飲むのは基本であり、相互作用がない 無難な飲み方に変わりない。
ラベル:ケルセチン
posted by dokusan at 06:15| 青森 ☔| 相互作用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする