2018年12月08日

市販薬の影響で救急に運ばれる患者

小生も調剤薬局で働いてはいるが、市販のお薬を使用して それがきっかけとなって 病院にまで運ばれるというか受診されるケースが多いようだが、原因は風邪薬などが多いようだが・・。


さて今回の論文

Use of over the counter products in older cardiovascular patients admitted to a tertiary care center in USA.
Sheikh-Taha M1, Dimassi H2.
Author information
Abstract
BACKGROUND:
In recent years there has been a substantial increase in the use of over-the-counter (OTC) products around the world. While they are assumed to be safe by consumers, they can potentially lead to adverse effects and drug interactions particularly in older adults.

METHODS:
We assessed the patterns of OTC products used by older adults admitted to the cardiology service in a tertiary care medical center in the USA over a three month period. We conducted a retrospective chart review where older adults with cardiovascular diseases (CVD) who were taking at least one OTC product at home were included.

RESULTS:
Out of 404 patients who were admitted to the cardiology service, 281 (69.6%) were taking OTC products. Patients were taking a total of 659 OTC products; mean of 2.35 ± 1.57 and the range varied from 1 to 9 products. The most commonly used products were vitamins (37.3%), followed by laxatives (17%), minerals (13.6%), stomach acid reducers (9%), and analgesics (3.6%). OTC users were found to be suffering from more comorbidities and received more prescription medications as compared to non-users. Gender and age did not have an impact on the use of OTC products while patients with atrial fibrillation, sleep apnea and gastro-esophageal reflux disease were more likely to use OTC products.

CONCLUSION:
Use of OTC products is quite frequent in older adults with CVD in our study. Clinicians should ask about OTC product usage and counsel patients about the risks and benefits associated with their use.


米国の3次介護センターに入院した高齢の心血管系の患者さんのカウンター製品を使用しています。
Sheikh-Taha M1、Dimassi H2。
著者情報
抽象
バックグラウンド:
近年、世界中の店頭(OTC)製品の使用が大幅に増加しています。それらは消費者が安全であると思われるが、特に高齢者において有害作用および薬物相互作用につながる可能性がある。

方法:
我々は、3カ月間にわたって米国の高齢者医療センターで心臓病サービスに入院した高齢者が使用するOTC製品のパターンを評価した。我々は、循環器疾患(CVD)を有する高齢者が自宅で少なくとも1つのOTC製品を服用していた場合に、遡及的に検討した。

結果:
心臓病サービスに入院した404人の患者のうち、281人(69.6%)がOTC製品を服用していました。患者は合計659のOTC製品を服用していた。 2.35±1.57の平均値であり、その範囲は1〜9の製品であった。最も一般的に使用された製品は、ビタミン(37.3%)、下剤(17%)、ミネラル(13.6%)、胃酸低減剤(9%)、鎮痛剤(3.6%)であった。 OTCユーザーは、より多くの合併症に苦しんでいることが判明し、非ユーザーに比べてより多くの処方薬を受けた。性別および年齢は、OTC製品の使用に影響を及ぼさなかったが、心房細動、睡眠時無呼吸および胃食道逆流症の患者は、OTC製品を使用する可能性がより高い。

結論:
OTC製品の使用は、本研究でCVDを有する高齢者ではかなり頻繁に行われる。臨床医は、OTC製品の使用法について尋ね、患者の使用に伴うリスクと便益について患者に相談する必要があります。

もともと心房細動、睡眠時無呼吸および胃食道逆流症の患者は勝手にOTCを購入しないということかな!
posted by dokusan at 05:24| 青森 ☁| リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

生物学的製剤の功罪

面白い話である、中国のいや世界の貯蓄額が特定の少人数で大部分を占めてゐるように 後発品使用が伸びてゐて約80%だというのに いわゆる先発品が20%だというのに 金額ベースから見れば その先発品でもって全体の約80%占めてゐて これが逆に伸びているのだそうや。皮肉なもんだね・・。
今はやりの 生物学的製剤がそうだというが・・。どうなんであろう GEの生物学的製剤 もっともっと早く製造できるようにならんのか・・・。

Rising drug spending in the United States is being fueled by expensive name-brand prescription medicines, a new study shows.

"Total prescription drug spending increased 10 percent annually since 2010," and 82 percent of prescriptions were for cheaper, generic drugs, according to the Blue Cross Blue Shield study, NBC News reported. But the study also showed that expensive "branded prescription drugs accounted for only 17 percent of total prescriptions filled, but 79 percent of total prescription drug spending [$79.5 billion]."

"More expensive branded prescription drug spending is up 4 percent since 2016," and costs "for single-source drugs with no generic alternatives increased at more than double the rate of average annual drug spending," according to the study.

The biggest costs were from three rheumatoid arthritis drugs -- Humira, Remicade, and Enbrel -- a quick-acting insulin called Novolog, and Neulasta, an immune system-strengthening treatment for cancer patients, NBC News reported.


高価なブランドの処方薬によって米国での薬価上昇が加速しているという新たな研究が示されています。

Blue Cross Blue Shieldの調査によると、「処方薬の総支出は2010年から毎年10%増えた」と処方箋の82%がより安価なジェネリック医薬品であるとNBC Newsが報告した。しかし、この調査では、高価な「ブランド化処方薬」が全処方箋のうち17%しか占めていないが、処方箋医薬品費全体の79%(795億ドル)の79%を占めていることが示された。

「2016年以降、より高価なブランドの処方箋医薬品の支出は4%増加している」と、一般的な代替薬を持たないシングルソース薬の費用は平均年間医薬品費の2倍以上に増加した。

最も大きな費用は、ヒューロ、レミケード、エンブレルの3種類の関節リウマチ薬(ノボグロと呼ばれる速効型インスリン)と、免疫系を強化したガン患者の治療法であるNeulastaからのものでした。
posted by dokusan at 04:38| 青森 ☁| リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

カナグリフロジンで足切断だって

FDA Drug Safety Communication: FDA confirms increased risk of leg and foot amputations with the diabetes medicine canagliflozin (Invokana, Invokamet, Invokamet XR)


https://consumer.healthday.com/diabetes-information-10/diabetes-drug-news-179/certain-diabetes-meds-tied-to-higher-odds-for-amputation-739692.html

糖尿病で足が切断を迫られたという話は聞いたことがあるが、糖尿病治療薬で足切断という話を話をきいた。それも限られたお薬である。
カナグリフロジンだそうだが、確率は低いものの注意は大いに必要かと。原因はよくわかっていないという。

http://www.dm-net.co.jp/footcare/relay_column/009.php

商品名は カナグルか


Health care professionals should, before starting canagliflozin, consider factors that may predispose patients to the need for amputations. These factors include a history of prior amputation, peripheral vascular disease, neuropathy, and diabetic foot ulcers. Monitor patients receiving canagliflozin for the signs and symptoms described above and discontinue canagliflozin if these complications occur.

Untreated, type 2 diabetes can lead to serious problems, including blindness, nerve and kidney damage, and heart disease. Canagliflozin is a prescription medicine used with diet and exercise to lower blood sugar in adults with type 2 diabetes. It belongs to a class of drugs called sodium-glucose cotransporter-2 (SGLT2) inhibitors. Canagliflozin lowers blood sugar by causing the kidneys to remove sugar from the body through the urine.

Final results from two clinical trials – the CANVAS (Canagliflozin Cardiovascular Assessment Study) and CANVAS-R (A Study of the Effects of Canagliflozin on Renal Endpoints in Adult Participants With Type 2 Diabetes Mellitus) – showed that leg and foot amputations occurred about twice as often in patients treated with canagliflozin compared to patients treated with placebo, which is an inactive treatment. The CANVAS trial showed that over a year’s time, the risk of amputation for patients in the trial were equivalent to:

5.9 out of every 1,000 patients treated with canagliflozin
2.8 out of every 1,000 patients treated with placebo
The CANVAS-R trial showed that over a year’s time, the risk of amputation for patients in the trial were equivalent to:

7.5 out of every 1,000 patients treated with canagliflozin
4.2 out of every 1,000 patients treated with placebo
Amputations of the toe and middle of the foot were the most common; however, amputations involving the leg, below and above the knee, also occurred. Some patients had more than one amputation, some involving both limbs.

We urge health care professionals and patients to report side effects involving canagliflozin and other medicines to the FDA MedWatch program, using the information in the “Contact FDA” box at the bottom of the page.

機械訳
ヘルスケアの専門家は、canagliflozinを開始する前に、患者が切断の必要性を起こしやすい要因を考慮する必要があります。これらの要因には、以前の切断、末梢血管疾患、神経障害および糖尿病性足潰瘍の病歴が含まれる。 Canagliflozinを服用している患者をモニターし、これらの合併症が発生した場合にcanagliflozinを中止する。

未治療の2型糖尿病は、失明、神経や腎臓の損傷、心臓病などの深刻な問題を引き起こす可能性があります。 Canagliflozinは、2型糖尿病の成人の血糖値を下げるために食事と運動に使用される処方薬です。それはナトリウム - グルコース共輸送体-2(SGLT2)阻害剤と呼ばれる一群の薬物に属する。カナグリフロジンは、腎臓に尿を介して体内の砂糖を取り除くことによって血糖値を下げます。

CANVAS(Canagliflozin心血管評価研究)とCANVAS-R(2型糖尿病の成人参加者における腎エンドポイントに対するCanagliflozinの効果に関する研究)の2つの臨床試験の最終結果は、脚と足の切断が約2倍プラシーボで治療された患者と比較してcanagliflozinで治療された患者ではしばしば不活性治療である。 CANVAS試験では、1年以上にわたり、治験中の患者の切断リスクが以下のものと同等であることが示されました。

canagliflozinで治療した1,000人の患者のうち5.9人
プラシーボで治療された1,000人の患者のうち2.8人
CANVAS-R試験では、1年以上にわたり、治験中の患者の切断リスクが以下のものと同等であることが示されました。

canagliflozinで治療した1000人の患者のうち7.5人
プラシーボで治療された1,000人の患者のうち4.2人
足の切断および足の切断は最も一般的であった;しかしながら、膝の下および上の脚を含む切断もまた起こった。一部の患者には複数の切断術が施され、その中には手足の両方が含まれるものもある。

私たちは、ヘルスケアの専門家および患者に、canagliflozinおよび他の医薬品を含む副作用をF​​DA MedWatchプログラムに報告するよう、ページの下部にある「Contact FDA」ボックスの情報を使用して報告してください。
posted by dokusan at 05:22| 青森 ☁| リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

輸血依存性サラセミア(TDT)誘発性骨粗鬆症にデノスマブは効果的なのか。

Denosumab in transfusion-dependent thalassemia osteoporosis: a randomized, placebo-controlled, double-blind phase 2b clinical trial

Abstract

Denosumab (DNM) is a fully human monoclonal antibody against the receptor activator of nuclear factor kappa-B ligand (RANKL) that has been licensed for the treatment of different types of osteoporosis. However, the prospective data for the evaluation of DNM efficacy on transfusion-dependent thalassemia (TDT)–induced osteoporosis are rather limited. Thus, we conducted a randomized, placebo-controlled, double-blind, phase 2b clinical trial to evaluate DNM in TDT osteoporosis. Patients were assigned to receive either 60 mg DNM (n = 32) or placebo (n = 31) subcutaneously on day 0 and 180 during a total of 12 months of follow-up. The percentage increase of L1-L4 bone mineral density was higher in the DNM group than the placebo group (5.92% ± 5.25% vs 2.92% ± 5.56%, respectively; P = .043), whereas the advantage of DNM regarding wrist bone mineral density was much higher compared with placebo (−0.26% ± 5.31% vs −3.92% ± 8.71%, respectively; P = .035). No grade 3 or 4 toxicity was observed. DNM reduced pain scores that remained unaltered in the placebo group. DNM showed a significant reduction of soluble RANKL (sRANKL), sRANKL/osteoprotegerin ratio, C-telopeptide of collagen type I, tartrate-resistant acid phosphatase isoform-5b, and bone-specific alkaline phosphatase between baseline and the 12th month (P < .01 for all comparisons) without changes in dickkopf-1, sclerostin, and osteocalcin. On the contrary, placebo patients showed an increase in sRANKL, osteoprotegerin, dickkopf-1, sclerostin, C-telopeptide of collagen type I, tartrate-resistant acid phosphatase isoform-5b, and bone-specific alkaline phosphatase during the study period (P < .01 for all comparisons). In conclusion, DNM increased lumbar spine and wrist bone mineral density and reduced pain and bone remodeling markers, and thus it is another valuable option for the management of TDT-induced osteoporosis.

デノスマブ(DNM)は、種々のタイプの骨粗鬆症の治療のために認可されている核因子κBリガンド(RANKL)の受容体活性化剤に対する完全ヒトモノクローナル抗体である。しかし、輸血依存性サラセミア(TDT)誘発性骨粗鬆症に対するDNM有効性の評価のための予測データは、かなり限られている。したがって、TDT骨粗鬆症におけるDNMを評価するために、無作為化プラセボ対照二重盲検第2b相臨床試験を実施した。患者は、0ヵ月目に180 mg DNM(n = 32)またはプラセボ(n = 31)を皮下投与し、合計12ヵ月間フォローアップした。 L1-L4骨ミネラル密度の増加率はDNM群ではプラセボ群より高かった(5.92%±5.25%vs 2.92%±5.56%; P = 0.043)。一方、DNMの手首骨ミネラル密度はプラセボと比較してはるかに高かった(それぞれ-0.26%±5.31%対-3.92%±8.71%、P = 0.035)。グレード3または4の毒性は観察されなかった。 DNMは、プラセボ群で変化しなかったままの疼痛スコアを減少させた。 DNMは、ベースラインと12ヶ月間の間に、可溶性RANKL(sRANKL)、sRANKL /オステオプロテゲリン比、I型コラーゲンのテロペプチド、酒石酸抵抗性酸性ホスファターゼアイソフォーム5b、および骨特異的アルカリホスファターゼの有意な減少を示した(P <。 01)、dickkopf-1、スクレロスチン、およびオステオカルシンの変化なし。これに対して、プラセボ患者は、研究期間中、sRANKL、オステオプロテゲリン、dickkopf-1、スクレロスチン、I型コラーゲン、酒石酸抵抗性酸性ホスファターゼアイソフォーム-b、および骨特異的アルカリホスファターゼの増加を示した(P <すべての比較で.01)。結論として、DNMは、腰椎および手首の骨密度を高め、痛みおよび骨のリモデリングマーカーを減少させたので、TDT誘発骨粗鬆症の管理のための別の貴重な選択肢でもあります。
posted by dokusan at 03:42| 青森 ☁| リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

薬物相互作用 グレープフルーツジュースとジゴキシン

ジゴキシンはいまはあまりつかわれなくなったが、これがグレープフルーツジュースと相互作用があるとする論文がある、グレープフルーツジュースとカルシウム拮抗剤の相互作用はよく知られているが、のぞいてみると それなりにあるようだ。


Effect of purple grape juice on the pharmacokinetics of digoxin: Results of a food-drug interaction study
.
Song X, Ju Y, Zhao H, Qiu W.


Abstract
OBJECTIVE:
Digoxin is a glycosidic, cardiotonic plant extract with a narrow therapeutic window. The purpose of the study was to investigate the effects of purple grape juice on the pharmacokinetics of digoxin in rats.

MATERIALS AND METHODS:
A randomized, controlled, single- and multiple-dose study was conducted to evaluate the pharmacokinetic profiles of orally and intravenously administered digoxin. The plasma concentration of digoxin was determined by radioimmunoassay using a gamma counter, and a Caco-2 cell transport model was used to investigate the potential mechanism by which purple grape juice affects the pharmacokinetics of digoxin.

RESULTS:
The results show that multiple-dose purple grape juice caused a remarkable increase in the AUC, Cmax, and Ka of orally administered digoxin (p < 0.05); only a single dose increased the digoxin AUC0-∞ by 72.80% (p < 0.05). Other parameters were not significantly affected. The study of intravenously administered digoxin found no significant difference in the pharmacokinetic characteristics of the two dosing groups (p > 0.05). The Caco-2 transwell experiments indicated that both the pure purple grape juice and its ethyl acetate extract significantly inhibited digoxin basolateral-to-apical (B→A) transport at concentrations of 10%, 30%, and 50% with dose dependency. These results confirmed that the improvement in bioavailability of digoxin resulted from the inhibition of P-gp by purple grape juice at the level of the gastrointestinal wall.

CONCLUSION:
Purple grape juice can increase the bioavailability of orally administered digoxin, especially with multiple doses. This information suggests that co-administration of oral digoxin and purple grape juice may require a dose adjustment.

グレープフルーツジュースがジゴキシンの薬物動態に及ぼす影響:食品 - 薬物相互作用研究の結果。
Song X、Ju Y、Zhao H、Qiu W.


要旨:
ジゴキシンは、狭い治療ウインドウを有するグリコシド、強心植物抽出物である。研究の目的は、ラットにおけるジゴキシンの薬物動態に及ぼすの影響を調べることであった。

材料および方法:
経口および静脈内投与されたジゴキシンの薬物動態プロファイルを評価するために、無作為化、制御された単回および複数回投与研究を行った。ジゴキシンの血漿濃度はガンマカウンターを用いたラジオイムノアッセイにより測定し、Caco-2細胞輸送モデルを用いて
グレープフルーツジュースがジゴキシンの薬物動態に影響を与える可能性のあるメカニズムを調べた。

結果:
結果は、複数回投与
グレープフルーツジュースが、経口投与されたジゴキシンのAUC、Cmax、およびKaの顕著な増加を引き起こしたことを示す(p <0.05)。単回投与のみがジゴキシンAUC0-∞を72.80%増加させた(p <0.05)。他のパラメーターは有意に影響されなかった。静脈内投与されたジゴキシンの研究は、2つの投薬群の薬物動態学的特徴において有意差を見出さなかった(p> 0.05)。 Caco-2トランスウェル実験は、純粋な
グレープフルーツジュースおよびその酢酸エチル抽出物の両方が、用量依存性を伴って10%、30%および50%の濃度でジゴキシンの基底外から頂上への輸送(B→A)を有意に阻害することを示した。これらの結果は、ジゴキシンのバイオアベイラビリティの改善が、胃腸壁のレベルで
グレープフルーツジュースによるP-gpの阻害に起因することを確認した。

結論:
グレープフルーツジュースは、経口投与されたジゴキシンの生物学的利用能を、特に複数回投与で増加させることができる。この情報は、経口ジゴキシンおよび
グレープフルーツジュースの同時投与には、用量調整が必要であることを示唆している。

ジゴキシンの添付文書にはこの相互作用は載ってゐなかったが、人で実験するのが困難なのかな・・
posted by dokusan at 05:18| 青森 ☔| リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

子供に制酸剤、抗生物質 投与すると将来肥満になるというが・・。

Antibiotic and acid-suppression medications during early childhood are associated with obesity

Results

333 353 children met inclusion criteria, with 241 502 (72.4%) children prescribed an antibiotic, 39 488 (11.8%) an H2RA and 11 089 (3.3%) a PPI. Antibiotic prescriptions were associated with obesity (HR 1.26; 95% CI 1.23 to 1.28). This association persisted regardless of antibiotic class and strengthened with each additional class of antibiotic prescribed. H2RA and PPI prescriptions were also associated with obesity, with a stronger association for each 30-day supply prescribed. The HR increased commensurately with exposure to each additional medication group prescribed.

Conclusion
Antibiotics, acid suppressants and the combination of multiple medications in the first 2 years of life are associated with a diagnosis of childhood obesity. Microbiota-altering medications administered in early childhood may influence weight gain.



抗生物質なんかは一時的に投与されることはあるが、制酸剤 PPIなんか投与されてるんであろうか・・。

一か月間でそうなるとか。

https://gut.bmj.com/content/early/2018/09/18/gutjnl-2017-314971
posted by dokusan at 04:32| 青森 ☔| リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

薬剤禁忌

薬物相互作用を勉強していたが、最近 定年に近くなって 最近の禁忌の情報を受け取らなくなってきたが、イムランは 調剤薬局ではあまり出ないが、
患者は「イムラン錠」と「フェブリク錠」の内服を開始したところ、2カ月後に患者にめまい、ふらつき等の症状が出現。ヘモグロビンが6.8g/dLに低下しており、「イムラン錠」と「フェブリク錠」の併用による骨髄抑制であることが判明した という情報がある。

知らなんだ、フェブリックの添付文書には
「アザチオプリンの代謝物メルカプトプリンの代謝酵素であるキサンチンオキシダーゼの阻害により、メルカプトプリンの血中濃度が上昇することがアロプリノール(類薬)で知られている。本剤もキサンチンオキシダーゼ阻害作用をもつことから、同様の可能性がある。」

とあり、反省 この辺で もう一度 おさらいと行くか・・。
posted by dokusan at 05:50| 青森 ☔| リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

Oral co-administration of fluconazole with tramadol markedly increases plasma and urine concentrations of tramadol and the O-desmethyltramadol metabolite (M1) in healthy dogs.

Oral co-administration of fluconazole with tramadol markedly increases plasma and urine concentrations of tramadol and the O-desmethyltramadol metabolite (M1) in healthy dogs.

最近、調剤薬局では小生のところは皮膚科が主でありフルコナゾールも出ることはあるが少ない。この論文のトラマドールが含有されているトラムセットもおいてはいる。これは痛み止めだが、この論文ではフルコナゾールはトラマドールの血中濃度を上げるとのこと。" target="_blank">でも これを含有するトラムセットは添付文書では記載されていないよね。

Abstract
Tramadol is used frequently in the management of mild to moderate pain conditions in dogs. This use is controversial because multiple reports in treated dogs demonstrate very low plasma concentrations of O-desmethyltramadol (M1), the active metabolite. The objective of this study was to identify a drug that could be co-administered with tramadol to increase plasma M1 concentrations thereby enhancing analgesic efficacy. In vitro studies were initially conducted to identify a compound that inhibited tramadol metabolism to N-desmethyltramadol (M2) and M1 metabolism to N,O didesmethyltramadol (M5) without reducing tramadol metabolism to M1. A randomized crossover drug-drug interaction study was then conducted by administering this inhibitor or placebo with tramadol to 12 dogs. Blood and urine samples were collected to measure tramadol, tramadol metabolites, and inhibitor concentrations. After screening 86 compounds, fluconazole was the only drug found to inhibit M2 and M5 formation potently without reducing M1 formation. Four hours after tramadol administration to fluconazole-treated dogs, there were marked statistically significant (P<0.001; Wilcoxon signed-rank test) increases in plasma tramadol (31-fold higher) and M1 (39-fold higher) concentrations when compared to placebo-treated dogs. Conversely, plasma M2 and M5 concentrations were significantly lower (11-fold and 3-fold, respectively; P<0.01) in fluconazole-treated dogs. Metabolite concentrations in urine followed a similar pattern. This is the first study to demonstrate a potentially beneficial drug-drug interaction in dogs through enhancing plasma tramadol and M1 concentrations. Future studies are needed to determine whether adding fluconazole can enhance the analgesic efficacy of tramadol in healthy dogs and in clinical patients experiencing pain.

機械翻訳 要旨

トラマドールは、犬の軽度から中等度の疼痛状態の管理に頻繁に使用されている。治療されたイヌにおける複数の報告は、活性代謝物であるO-デスメチルトラマドール(M1)の血漿中濃度が非常に低いことを示しているので、この使用は議論の余地がある。この研究の目的は、トラマドールと同時投与して血漿M1濃度を上昇させ、それにより鎮痛効果を高めることができる薬物を同定することであった。トラマドール代謝をM1に低下させることなくトラマドール代謝をN-デスメチルトラマドール(M2)に、M1代謝をN、Oジデスメチルトラマドール(M5)に阻害する化合物を同定するためにin vitro研究を最初に実施した。次いで、この阻害剤またはプラセボをトラマドールと共に12匹のイヌに投与することにより、ランダム交叉薬物 - 薬物相互作用研究を行った。トラマドール、トラマドール代謝物、および阻害剤濃度を測定するために、血液および尿サンプルを収集した。 86種類の化合物をスクリーニングした後、フルコナゾールはM1形成を減少させることなく強力にM2およびM5の形成を阻害することが判明した唯一の薬物であった。トラマドール投与後のフルコナゾール処置イヌの4時間後に、プラセボと比較して、血漿トラマドール(31倍高い)およびM1(39倍高い)濃度の統計学的に有意な(P <0.001; Wilcoxon符号順位試験)処理された犬。逆に、フルコナゾール処置犬では血漿M2およびM5濃度は有意に低かった(それぞれ11倍および3倍; P <0.01)。尿中の代謝物濃度も同様の傾向を示した。これは、血漿トラマドールおよびM1濃度を高めることにより、イヌにおいて潜在的に有益な薬物 - 薬物相互作用を実証する最初の研究である。フルコナゾールの添加が健常犬および痛みを経験している臨床患者におけるトラマドールの鎮痛効果を高めることができるかどうかを決定するためには、今後の研究が必要である。

鎮痛効果の効きがよくなるではあろうが、30倍だと副作用の吐き気でないかな・。
posted by dokusan at 04:59| 青森 ☁| リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

ACEは肺がんを増加させるんだって?

Angiotensin converting enzyme inhibitors and risk of lung cancer: population based cohort study

Objective To determine whether the use of angiotensin converting enzyme inhibitors (ACEIs), compared with use of angiotensin receptor blockers, is associated with an increased risk of lung cancer.



Results The cohort was followed for a mean of 6.4 (SD 4.7) years, generating 7952 incident lung cancer events (crude incidence 1.3 (95% confidence interval 1.2 to 1.3) per 1000 person years). Overall, use of ACEIs was associated with an increased risk of lung cancer (incidence rate 1.6 v 1.2 per 1000 person years; hazard ratio 1.14, 95% confidence interval 1.01 to 1.29), compared with use of angiotensin receptor blockers. Hazard ratios gradually increased with longer durations of use, with an association evident after five years of use (hazard ratio 1.22, 1.06 to 1.40) and peaking after more than 10 years of use (1.31, 1.08 to 1.59). Similar findings were observed with time since initiation.

Conclusions In this population based cohort study, the use of ACEIs was associated with an increased risk of lung cancer. The association was particularly elevated among people using ACEIs for more than five years. Additional studies, with long term follow-up, are needed to investigate the effects of these drugs on incidence of lung cancer.

アンジオテンシン変換酵素阻害剤および肺癌のリスク:集団ベースのコホート研究

目的アンギオテンシン変換酵素阻害薬(ACEI)の使用が、アンジオテンシン受容体遮断薬の使用と比較して、肺癌のリスク増加と関連しているかどうかを判断する。



結果コホートを平均6.4(SD 4.7)年追跡し、7952件の肺がん事象(1000人年あたり粗発生率1.3(95%信頼区間1.2〜1.3))を生じた。全体的に、ACEIの使用は、アンギオテンシン受容体遮断薬の使用と比較して、肺癌のリスク増加と関連していた(発生率1.6人/ 1.2人、1000人年;ハザード比1.14,95%信頼区間1.01〜1.29)。 5年間の使用(ハザード比1.22,1.06〜1.40)と10年以上使用後のピーク(1.31,1.08〜1.59)との関連が明らかになり、使用期間が長くなるとハザード比は徐々に増加した。開始後、同様の所見が観察された。

結論この集団ベースのコホート研究では、ACEIの使用は肺癌のリスク増加と関連していた。この協会は、ACEIを5年以上使用している人々の間で特に高くなっています。肺癌の発生率に対するこれらの薬剤の影響を調査するために、長期間のフォローアップを伴う追加の研究が必要である。

まあ、本当かどうかはわからないが、ACEの降圧剤としての貢献は大きいと思うが どうなんであろう ARBの方は?

この論文の中では
表1は、コホート全体のベースライン特性、およびコホート入力時のACEI、アンジオテンシン受容体遮断薬および他の抗高血圧薬の使用による。 アンジオテンシン受容体拮抗薬の使用者と比較して、ACEIの使用者は男性であり、アルコール関連疾患を有し、現在の喫煙者であり、より高い肥満指数を有する可能性が高かった。 さらに、ACEIの使用者は、高血圧の治療期間が短く、スタチンや他の処方薬を使用する可能性が高かった。 ACEIおよびアンギオテンシン受容体遮断薬の使用者は、肺炎、結核および慢性閉塞性肺疾患の同様の病歴を有していた。というのがあった。

posted by dokusan at 04:55| 青森 ☀| リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

人工膝関節全置換術後のアスピリン投与

Association of Aspirin With Prevention of Venous Thromboembolism in Patients After Total Knee Arthroplasty Compared With Other Anticoagulants
A Noninferiority Analysis


Importance
There has been significant debate in the surgical and medical communities regarding the appropriateness of using aspirin alone for venous thromboembolism (VTE) prophylaxis following total knee arthroplasty (TKA).

Results
Of the 41 537 patients, 14 966 were men (36%), and the mean age was 65.8 years. A VTE event occurred in 573 of 41 537 patients (1.38%); 32 of 668 (4.79%) who received no pharmacologic prophylaxis, 149 of 12 831 (1.16%) treated with aspirin alone, 321 of 22 620 (1.42%) with anticoagulation alone, and 71 of 5418 (1.31%) prescribed both aspirin and anticoagulation. Aspirin only was noninferior for the composite VTE outcome compared with those receiving other chemoprophylaxis (adjusted odds ratio, 0.85; 95% CI, 0.68-1.07, P for inferiority = .007). Bleeding occurred in 457 of 41 537 patients (1.10%), 10 of 668 (1.50%) without prophylaxis, 116 of 12 831 (0.90%) in the aspirin group, 258 of 22 620 (1.14%) with anticoagulation, and 73 of 5418 (1.35%) of those receiving both. Aspirin alone was also noninferior for bleeding complications (adjusted odds ratio, 0.80; 95% CI, 0.63-1.00, P for inferiority <.001).

Conclusions and Relevance In this study of patients undergoing TKA, aspirin was not inferior to other anticoagulants in the postoperative rate of VTE or death. Aspirin alone may provide similar protection from postoperative VTE compared with other anticoagulation treatments.

人工膝関節全置換術後の静脈血栓塞栓症に抗するためのアスピリン投与は決して、ワーファリンよりも劣ってはいないとのこと。
posted by dokusan at 05:19| 青森 ☁| リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする